Blog

せいさくブログだよ_さんかいめ

Written by yu_kushieda

背景の制作コストが重すぎてムカ着火ファイヤーインフェルノな櫛枝さんは紙袋をゴミ袋の変わりにしている。

 

ということで、先週に作業を一段落させてブログを書こうと思っていたら時間がかかりすぎてちゃんと更新できなかったね、まぁ間にブログ更新があったし、作業が進んでるからいいんだよ。

 

という前置きしたんだから今回は背景のお話。

(ここで、晩ごはんの時間を挟む)

 

今回の背景作業では3Dモデルから空間を作って2Dに落とし込んでみようっていう試みで作業をしてみたんだよ

開発day3_1

だいたいこんな感じね。使用しているソフトはSweetHome3Dね。本当はSketchUpっていうのを使ってみようと思ったけど、インテルの内臓グラフィックじゃ起動できないというね……。

2D画面に配置したオブジェクトが3Dビューの方にすぐに反映されるから適当に配置して形にしていくのがすっごい楽だね。

でこんな感じで作られた3Dモデルの教室の背景を2D にしていくんだけどけれども

開発day3_3

一旦パースの取り直しをして、適当な色を置いて見やすくするとこんな感じ。

なんでパースの取り直しをするかは理由はちゃんとあるんだけど、好みに近づけるくらいに思えばいいんだよ。

後、オブジェクトのデザインをいじくるのなんかも色を置く前にやっちゃいます。

開発day3_4

ちゃんとした色に置きなおして、影とかそこらへんを描き足すとだいぶ教室らしく見えるようになってきたね。まだ塗れてない箇所やコントラストが弱かったりするけど、ここいらで全体の作業量の半分が過ぎてきたなってところで、作業段階としてはやっと楽しくなってくるよ。

開発day3_5

でこっちが、仕上げまで完成したやつ。

絵としての締まり(情報量)をだすために、汚したり、明暗の差を大きくしたりとかする。

中央にブラシサイズのアイコンが出てるけど、まとめて画面キャプチャーしてウィンドウズペイントで保存したからだから気にしないで。レイヤーをいじったあげく間違って保存でもしたら背景差分を作る際に泣く事になるからね、その予防線だよ。

 

 

とまあ、背景制作はこんな感じ。

時短とかそういうのには全くならないけど、空間というかサイズ感を頭で描き出していくよりも、明確な方向性を作れる3Dの運用はアリだね。

色はどう頑張っても塗りなおしはするだろうけど、自分でモデリングした素材とか教室という空間を3Dで作りきっていたらイベントCGの背景作画コスト削減にも繋がるかもしれないし、あったら(出来たら)非常に便利だね。

 

About the author

yu_kushieda

Leave a Comment