Blog

梅雨が明けたとたんに、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ご(以下略)

みなさま、お久しぶりです。

 

タイトルに以下略をつけるという愚行をやってのけた、久賀ラトルです。

 

はい、というわけであっという間に、暑中お見舞い申し上げる季節となってしまいましたね。

 

みなさんは誰かに、送ったりしましたか?


ちなみに私は、送ってません。

 

なぜかって?

 

そんなの聞くまでもなく、

 

送る相手がいないからに決まってるじゃないですか……。

 

まあ、そんなことはどうでも良くてですね、私が今回お話したいのはこれですつ!

 

「バイク……欲しいな……」

 

アレですよ?別にばくおんに影響されたとかでは、ありませんからね?

 

影響を受けたアニメをしいて挙げるなら、ローリングガールズですかね。

 

みなさんご存知ですか、ローリングガールズ。

 

あれ、ぜんぜん人気はでませんでしたけど、いいアニメだったんですよ。

 

ちなみに、何がいいのかと聞かれたら、私はこう答えます。

 

  1. 圧倒的なスピードで進められていく物語
  2. 頭を空っぽにして見ることができる
  3. キャラが可愛い
  4. バイクかっこいい
  5. ぶっちゃけた話、最初から最後までよく意味がわからない

 

とまあ、こんな感じですかね。

 

さらに一言でこのアニメの良さを伝えるのなら、「キルラキルの下位互換」です。

 

大事なことで繰り返しますよ?

 

キルラキルの、下位互換ですっ!!

 

もうね、正直なことを言うと、ローリングガールズは面白いわけじゃないんです。

 

ただひたすらにテンポが良く、キャラに魅力があって、なんだかんだ言っても最後まで見ちゃう。

 

そういう意味では、ちょっとキルラキルに似ているかなぁ……と。

 

まあ、キルラキルは面白かったし、ちゃんと意味分かりましたけどね。

 

とにもかくにも、私が言いたいのはこういうことです。

 

あのアニメは、アニメという枠組みから外れた、別の何かなんですよ。

 

言うなれば、無声映画を観ているような感覚ですかね。

 

 

物語の展開や、キャラの心理。そういうものを自分の頭のなかで補完しつつ楽しむものなんです。

 

だからきっと、文字通り、映像通りにあのアニメを解釈していったら、頭が混乱する人も出てくることでしょう。

 

「えっ……これ、なにが面白いのっ……?」

 

きっと、ただ見ているだけではそう思ってしまうはずです。

 

だからもう一度言いますが、自分の頭で考えて、自分なりの答えを導きだし、納得する。ローリングガールズには、そういうものが求められます。

 

……って、ローリングガールズの話だけで969文字も使ってしまいました。

 

これじゃあ、バイクの話には進ませんね。

 

というわけで今回はここまでにしますが、最後に1つだけ。

 

ローリングガールズは、作者と波長が合わなければ本当につまらないはず。

 

すべての作品に言えることですが、結局のところ、そういうことになりますかね……(終)

About the author

ratoru

Leave a Comment